上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日午後から雨の予報。来週も雨らしい。ジャガイモは雨が降ってしまうと乾燥するまで植えられない。
ということで、急きょ朝からジャガイモの植え付け。ジャガイモは、畑の準備もなしで、いきなり耕運・植え付け・マルチ掛けを行います。
微細で耕運した中央部を植え付けのために鋤きとりくぼみを作っていく。ジャガイモは1条植えがいい。
090222ジャガイモ01
この中央部に、種イモを並べ、芋の間に肥料を入れ両サイドの土を被せて高畝に仕上げる。
090222ジャガイモ02
前日のイチゴと違って、ジャガイモは水分を嫌うので、いきなりマルチを掛け雨がしみこむのを防ぎます。
090222ジャガイモ03
このまま放置し、芽が出てマルチを押し上げてきたら、マルチを破って芽を出す作業をします。



【2009/02/22 16:53】 | 菜園作業 トラックバック(0) |
暖かくなってきたので、そろそろ、イチゴに黒マルチをかける作業をしました。
マルチを掛けてからイチゴの苗の位置が分かるように竹を挿しておきます。(今年初めてこの方法で・・・。
090221イチゴ01
このようにマルチを突き破って竹が出ているので苗の位置がすぐわかります。
090221イチゴ02
次にこの竹串の横を破ってこのように苗を露出さす。
090221イチゴ03
最後に畝をくぼませた中央部にマルチ押さえを差し込む。こうすることでマルチに溜まった雨水がマルチの中に入ってくれる。イチゴは水分を求める植物なのでこういった工夫をします。
090221イチゴ04




【2009/02/22 16:42】 | 菜園作業 トラックバック(0) |
1月31日現在の自然農法実践中の菜園の状況です。
■花を咲かせ種を取る為、収穫しないでいる大根(薩摩小根?)
1月31日01
■雑草の中で元気に育つ”のらぼう菜”
1月31日02
■小ぶりだがキャベツも結球しそろそろ収穫時か
1月31日03
■ここでの水菜はすごく成長がいい
1月31日04


【2009/01/31 21:48】 | 自然農法 トラックバック(0) |

自然農法実践中の菜園の一角、雑草の中でいい感じで野菜が育っている。雑草も寒くなって余り成長しないし。刈り取った雑草が保温効果を果たしているのか、野菜の生長も・・・。土も歩くとふかふかの感じがある。

0812自然農法

左から、九条ネギ、のらぼう、大根などが植わっている。


1206自然農法02

 



キュウリのコンパニオンプランツとして植えていた九条ネギが立派なネギになった。

手前がのらぼう、向こうに大根が植わっている。
写真ではわからないが、のらぼうの間から種を蒔いていたター菜が育っていた。
1206自然農法03

 

 

 

 

 

 





水菜とレタス。レタスは葉を巻きつつありもうすぐ立派な玉レタスになるだろうか?
1206自然農法04

 


【2008/12/06 22:25】 | 自然農法 トラックバック(0) |
植え付け用の畝を作って二週間待ち植え付けました。
9月に種をまいた苗が今年は思いの他よく育っています。
1122タマネギ01

周りはコリアンダーです。
掘り起こして少し苗が長かったので先を少し切り落としました。
1122タマネギ02

これで150本ぐらいかな・・。

畝への植え付けは今年は三筋にしました。三角ホウで溝をまず作っていく。
1122タマネギ03
タマネギは乾燥を嫌うので、畝は低めがいい。

田植えの要領でまずは二筋植えていく、間隔は20cmぐらいか。
1122タマネギ05

このあと、中央部を長靴で踏んで行き、苗を活着させる。
1122タマネギ06
三筋植えて出来上がり
1122タマネギ07
細い苗は、来春までこの状態で保存
1122タマネギ08
昼ごはんは、菜園で今とれるごぼうと岩津ネギのパスタ。(他にルッコラとドライトマトも入っています。
素揚げしたごぼうのパリパリ感とねぎの甘さが絶妙のパスタに仕上がりました。(オリジナルレシピ)
昼ごはん


【2008/11/22 15:18】 | 菜園作業 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。