上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育苗中のイチゴの苗、今年はなかなかうまく行った。数を数えると80本以上あった。
イチゴ01
←クリックすると大きな画像になります。





一つづつ掘り起こし苗に、少し立派過ぎるかもしれない。定植する苗は小さいほうが、花つきが少なく大きな実ができる。
イチゴ02

←クリックすると大きな画像になります。




我が菜園の定植用の畝の作り方(石原式農法)
?中央部に溝を掘る
イチゴ03

←クリックすると大きな画像になります。




?その中に”米ぬか・過リン酸石灰・米ぬか(米ぬかでサンドイッチ)”を入れる
イチゴ04

←クリックすると大きな画像になります。




?土をかけ中央部をくぼませた畝とする
 春に黒マルチを掛けたときに中央部がくぼんでいると、そこに穴を開けることにより、雨水を畝の中に取り込めるようになる。
イチゴ05

←クリックすると大きな画像になります。




普通は、この状態で1,2週間おいて定植するんですが、週末だけの菜園作業、明日から雨の予報なので、このまま定植することにした。

定植完了です。この後、冬場は枯れた下葉をかきとる作業のみで、春を待つ。

イチゴ02

スポンサーサイト

【2007/11/04 15:17】 | 菜園作業 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。